投稿者「生明 真」のアーカイブ

バリュエーションの標準化

国際評価基準審議会(IVSC:International Valuation Standards Council、https://www.ivsc.org/)の年次総会が2017年10月2-4日にメキシコシティで行われた … 続きを読む

カテゴリー: ファイナンス, 会計 | コメントする

業界の危機

公認会計士の資格を持ちながら監査法人ではなく上場企業などで働く「企業内会計士」が、この5年間で3倍に増えたらしい。 これは見方を変えれば、公認会計士業界の魅力が減少してきているとも思える。 昨今の会計不祥事を経て、過去の … 続きを読む

カテゴリー: 会計, 未分類 | コメントする

現代の石油採掘

アリババのジャックマー会長が、「膨大なデータは現代の石油になる」とコメントしているらしい。 自分の仕事ぶりにつき、この10年間を振り返ってみて気づくことに、コミュニケーション手段の変化がある。 10年前は、口頭によるバー … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

大企業とイノベーション

大企業が2017年に自社のファンドなどを通じてCVC投資した額は過去最高の681億円に達し、5年前の27倍に増えたらしい。 コンプライアンスがうるさくなってきている今、大企業が自社でイノベーションを起こすことが難しくなっ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ブランディング

少子高齢化・人口減少を迎える日本では、これからは大方のビジネスでブランディングが必要になる。 マーケティングの理論では、4P:Product(製品)、Price(価格)、Promotion(プロモーション)、Place( … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クラウドファンディングのインパクト

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングと … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | クラウドファンディングのインパクト はコメントを受け付けていません。

上場会社等が法定開示書類及び適時開示事項を自社ウェブサイト等に掲載する場合の留意事項について

http://www.fsa.go.jp/news/24/syouken/20130405-1.html 金融庁から、上場会社等が法定開示書類及び適時開示事項を自社ウェブサイト等に掲載する場合の留意事項についてリリースが … 続きを読む

カテゴリー: 会計 | 上場会社等が法定開示書類及び適時開示事項を自社ウェブサイト等に掲載する場合の留意事項について はコメントを受け付けていません。

人材の評価

代表的な経営資源として、ヒト、モノ、カネ、ということがよく言われる。 要はこの3つを上手に活用しながら、ビジネスを取り巻く重要なステークホルダーとの様々な交換関係を長期的に維持していかなれば、ビジネスは存続しえない。 一 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 人材の評価 はコメントを受け付けていません。

資本性借入金の税務上の取扱いについて

表題の件につき、金融機関(債権者)が「資本性借入金」を活用して、債務者の経営改善を支援する場合における同借入金の税務上の取扱いについて、国税庁と同意を得たことを2/5付で以下のとおりリリースしています。 http://w … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 資本性借入金の税務上の取扱いについて はコメントを受け付けていません。

今後の政治家のポジション

これからの日本は少子高齢化が進み、人口減少による国内需要の減退が続いていくことが予想されている。 こうした状況において社会福祉制度が充実していればいるほど、若年層と老齢層の利益相反関係は大きくなっていくといえる。よく言わ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント